派遣社員になるまでの流れ

派遣社員になるまでの流れ

初めて派遣社員として働こうと考えたとき、、、
「で、何からすれば良いんだ?」と疑問を抱く人もいるかもしれません。

では、ここで初めて派遣社員になる方のために、働くまでの流れを説明します。

まず、簡単に流れだけを書くと・・・

  1. インターネット上で仮登録(派遣会社を決める)
  2. 本登録のために派遣会社に訪問
  3. お仕事の紹介
  4. 派遣先の企業との顔合わせ
  5. 採用・不採用通知が来る
  6. お仕事スタート~契約更新・終了まで

それぞれについて詳しく説明をしていきます。

インターネット上で仮登録(派遣会社を決める)

まずは派遣会社を選ぶところからスタートです。

企業規模、業界・職種の強み、福利厚生などの観点から最も良さそうな会社を選んでください。

もちろん、複数社に仮登録するのもOK!

ただし、あまりにたくさんの会社に登録していると、今後紹介されるお仕事の情報や、派遣会社とのやり取りが大変になるため、まずは2〜3社程度の仮登録からスタートすることをオススメします。

本登録のために派遣会社に訪問

インターネット上の登録が完了したら、次は本登録です。
基本的に本登録では派遣会社に直接訪問して行われます。

本登録時にはコーディネーターと呼ばれる担当者から説明と
あなたの希望条件などのヒアリングが行われます。

一般的な内容としては・・・

  • 派遣の仕組み
  • 派遣社員としての心構え、働き方
  • スキルチェック(パソコンスキルや漢字、英語など)
  • 面談/どんな仕事をしたいのか?給与や勤務時間などの希望条件

大体、このような内容が行われることが多いですね。
(スキルチェックで不採用ということはなく、あくまでも確認程度ですので、緊張はしなくても大丈夫です。安心してください。)

ここで重要なポイントは、
担当となるコーディネーターがどのような人なのかの確認すべし!

ということです。

ここで担当となるコーディネーターは、今後もずっとあなたをサポートする可能性が非常に高いのですが、そのコーディネーターとの相性が悪いと、希望条件に合わない案件を紹介されたり、仕事に就いてからもしっかりとしたサポートが受けられない可能性があります。

ですので、あなたが面談を受けるのではなく、あなた自身もコーディネーターを面談するくらいの気持ちで臨むことが重要です。

相性が悪ければ、思い切って派遣会社を変更するのもあり!

しっかりと相手を見極めることが大事ですよ。

お仕事の紹介

本登録が完了したら、コーディネーターから電話でお仕事を紹介してもらえます。

もちろん、あなたの希望条件に完璧にあった案件ばかりだとは言えませんが、あなたのことを考えて探してきてくれた仕事内容ですので、条件などは必ず1度聞くことをオススメします。

そのうえで、自分にあわないようであれば、はっきり断るべきですし、良さそうな印象を持ったのであれば、次のステップに進んでください。

完璧な条件ばかりを望んでいてはどんどん仕事に就くのは遅れますし、紹介してもらえる案件も少なくなってしまいます。その点は十分注意が必要です。

派遣先の企業との顔合わせ

条件にあった派遣先が見つかったら、次は顔合わせです。

いくつか候補日を提示すれば、コーディネーターが派遣先と顔合わせの日程を調整してくれます。

顔合わせではコーディネーターと派遣会社の営業担当も同行してくれるので、それほど緊張する必要はありません。程良い緊張感を持って顔合わせに望んでください。

顔合わせでのポイントは

  • きちんとした身だしなみで行く
  • 言葉使いには気をつける
  • 質問されたことははっきりと返答をする
  • 働く条件だけではなく、会社の雰囲気なども質問する

働き始めたあとに後悔しないためにも、気になったことは細かく質問をしておくことが重要。また、派遣先近くの環境(駅から徒歩何分か?コンビニ・銀行などはあるか?)などもしっかりとチェックしておくのも大事ですね。

採用・不採用通知が来る

派遣先があなたを採用したいということになったら、コーディネーターから電話で採用の連絡が入ります。

不合格の場合でも連絡はしてもらえるため、「顔合わせはしたけど、結果がずっとわからない・・・」ということにはなりません。もし、連絡がないようであれば、あなたの方からコーディネーターに連絡をしてください。

なお、採用通知が来てようやく派遣会社と派遣社員の契約が発生します。
(実はここまでは契約は発生していません)

契約時に必要な書類などは派遣会社が全て用意してくれるため、あなたが先んじて何かを準備する必要は特にありません。

また、必要書類も事前に派遣会社から依頼がありますので、その指示に従って書類を用意してくださいね。

お仕事スタート~契約更新・終了まで

派遣会社との契約が完了したらお仕事がスタートです。

なお、働き始めたあとにも1~2ヶ月に1回程度、コーディネーターや営業担当と面談をしてくれます。

派遣先に対して言いたいことがあったり、質問や不安があるのであれば、この面談のタイミングでコーディネーターや営業担当に話すと良いでしょう。

もちろん、事前に聞いていた話と違う場合は、あなたにも訴える権利がありますので、その場合は遠慮なく報告することが大事です。

そして、契約更新・終了となる場合には、更新・終了の1ヶ月前までに必ず連絡があります。急に仕事がなくなるということはありませんので、その点は安心してください。

以上が派遣社員として働くまでの流れです。ぜひ覚えておいてください。

残業代はいくらもらえるのか

残業代はいくらもらえるのか

派遣社員として働くときに一番気になるのが「給料」ですね。

お給料がどれくらいもらえるのかは死活問題に関係しますので、決して甘く考えてはいけません。

そして、給料で派遣先を決めるときに大事なポイントとなるのが残業代、ボーナス、交通費です。

ここでは派遣社員の残業代、ボーナス、交通費について詳しく説明します。

残業代について

派遣社員は原則1日8時間、1週間40時間以内の労働と決められており、それ以上の労働には全て残業代が発生すると法律で定められているのです。(契約によっては7.5時間以降から残業代が発生することもあります)

ちなみに、残業代の割り増し率としては以下の通りです。

  • 時間外労働/25%
  • 深夜労働(22時~翌朝5時)/25%
  • 時間外+深夜/50%
  • 休日出勤/35%
  • 休日深夜/60%

このように時間外や契約で結ばれていない深夜帯に勤務するときには、かなり高い費用で残業代を手に入れることができるのです。

ちなみに、残業代は始業前でも発生することがあります。

会社の上司から始業前に来て、少し働いて欲しいと言われたときにも、25%〜の残業代を請求することは可能ですので、覚えておいてください。

残業代は何分単位からなのかを確認してください

派遣会社ごとに残業代が何分単位で発生するかは違います。

会社によっては15分刻みで計算するところもあれば、5分刻みで計算してくれるところもあります。

例えば、残業代の時給が1,500円という契約をしていた場合、55分残業をしたとすると、

15分刻みの契約:1,200円(45分計算)
5分刻みの契約:1,466円(55分計算)

と、246円もの差が生じます。

これが10間発生した場合、2,460円。
つまり、1時間半近くものお給料を損することになるのです。

このようにして考えると、確実に5分刻みでカウントしてくれるところの方が得ですよね。

ですので、派遣会社と契約をするときには、このような残業代が何分単位で発生するのかも確認をしておくようにしてください。

とはいえ、サービス残業が大事なときもある

これは私個人の考えですが、あまり残業代に固執しすぎるのも良くありません。

会社としてはできるだけ人件費を抑えるために派遣社員を採用しているという事実があります。それに対して、派遣社員が残業代に対して、常に厳しく管理していると、会社としてはあまり良い印象を持たれないことが良くあります。

実際に、私はこれまでに残業代がかさみ、派遣の契約を打ち切りされた人をたくさん見てきました。それらの人の共通点としては、何かにつけて残業代に固執していたと私は感じています。

ですので、無理にとは言いませんが、たまには快くサービス残業などをして、会社と良好な関係を築いておくことも大事なのです。

「金の切れ目は縁の切れ目」ではないですが、長期的に派遣社員として働き続けたいと考えているのであれば、このようなお金に関する駆け引きを上手にやるのも大事ですよ。

一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣の違い

一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣の違い

一口に派遣と言っても、実はタイプが大きく3種類あります。
それが「一般派遣」「紹介予定派遣」「特定派遣」です。

ここではそれぞれの特徴について詳しく説明をしていきます。
あなたが希望する勤務形態はどれなのかを理解してください。

一般派遣

基本的に「派遣社員」というのは、この一般派遣を指します。派遣で働きたい人は、まず派遣会社に登録して、派遣会社から派遣先の企業を紹介してもらいます。

勤務条件が合致したら、派遣会社と勤務期間のうちだけ雇用契約を結んで働くことになります。

基本的には時給制で、残業代も発生します。勤務期間外はお給料は発生しません。勤務時間や期間を調整することができるため、長期・短期のどちらでも働くことができます。

紹介予定派遣

一定期間(最長6ヶ月)を目安として、将来的に正社員になることが前提で派遣社員として働くスタイルです。

一般派遣の場合は、基本的に条件が合えばすぐに採用となり、顔合わせ程度の面談しかありませんが、紹介予定派遣の場合は面接をするケースが多いです。ですので、ほぼ中途採用と変わりません。

紹介予定派遣として働く期間は、いわば会社にとっても派遣社員にとってもお試し期間であり、双方のニーズが一致した場合のみ正社員として働くことになるため、ミスマッチが起きずらいのがメリットと言えます。

もちろん、派遣社員側から正社員になるのを断るのもOKです。

紹介予定派遣で有名な派遣会社は「リクルートスタッフィング」や「インテリジェンス」などが代表的ですので、これらの会社に登録することをオススメします。

特定派遣

特定派遣とは常用雇用型の派遣です。これは派遣会社と常に雇用契約が結ばれているタイプの派遣サービスのことで、派遣先の企業が決まっていなくても、派遣会社からお給料をもらうことができます。

このスタイルが多いのがシステムエンジニア系の会社です。
条件としてはほぼ正社員と変わりません。

ちなみに、派遣先の企業が決まっていないときは、かなり時間をもてあますそうです。

このように派遣社員にもいくつものスタイルがあります。
基本的には一般派遣か、紹介予定派遣に属することになると思います。

長期的に考えて、正社員になることを希望されている方は紹介予定派遣を。

正社員になることは考えず、自分のライフスタイルに合わせて働きたい方は一般派遣を選ぶことをオススメします。

派遣社員と保険について

派遣社員と保険について

派遣社員と保険の関係を徹底解説します

一昔前に、派遣社員に保険が適応されずに問題になったことがありましたよね。今では、派遣社員でも保険に加入できるようにしっかりと整備がされています。

しかし、そうはいっても派遣会社によっては保険の加入条件が異なることも多いため、派遣社員として働くときには基本知識として、保険の仕組みがどうなっているのかを理解しておく必要があります。

ここでは、社会保険と労働保険が派遣社員にはどのように適応されるのかを解説します。

派遣社員と社会保険

社会保険には「健康保険」と「厚生年金」の2種類があります。

基本的に派遣社員の方は2ヶ月以上の契約の場合には、正社員と同様に健康保険と厚生年金に加入しなければなりません。

しかし、社会保険は派遣会社によって扱いが違う場合もありますので、その点を覚えておきましょう。

一般的に大手派遣会社では、1〜2ヶ月目までは任意加入とし、3ヶ月目からは強制加入としているケースが多いです。

そして、中小の派遣会社では少し異なり、1〜2ヶ月目は保険には加入しないところもあり、3ヶ月目からの加入となる会社が多いようです。派遣会社の中には3ヶ月以降でも保険の加入手続きをしてくれない悪質な会社もあるようです。

これは派遣社員が保険加入することで派遣会社が費用をいくらか支払わなければならないのを避けるためです。

登録時には保険に関してはしっかりと確認をしておきましょう。

ちなみに、3ヶ月以上働く場合、社会保険は強制加入となります。派遣社員の方で保険に加入したくないと主張しても認められませんので覚えておきましょう。

派遣社員と労働保険

労働保険には「労災保険」と「雇用保険」の2種類があります。

労災保険は働いているときや、通勤中の怪我や病気、障害、死亡等に対する保険です。労災保険は全ての派遣社員に適応され、保険料は派遣会社が全額を負担するのが義務です。

雇用保険は以前「失業保険」と呼ばれていました。簡単に言えば、失業したときの生活費や再就職支援として国からお金を支給されるための保険のことです。雇用保険は派遣社員と、派遣会社が費用を半分ずつ負担します。

ちなみに、雇用保険の被保険者になるためには「1週間の所定労働時間が20時間以上で、かつ、1年以上引き続いて雇用される見込みのある」という条件をクリアしなければなりません。

ただし、同じ派遣会社から1年以上に渡って派遣されている場合は、途中で派遣先が変わっても被保険者になることができます。

心配がある方は、念のため雇用保険の被保険者となる条件は働く前に派遣会社に確認をしておくと良いでしょう。

資格やスキル?派遣に求められる能力

資格やスキル?派遣に求められる能力

派遣に求められるのはズバリ!「コミュニケーション能力」

「派遣社員になるためには資格やスキルが必要」という噂があります。
しかし、この噂は正確な情報ではありません。

確かに以前同じ業界で働いていた人や、スキル・資格がある人は優先的に仕事を紹介してもらいやすいです。

しかし、派遣社員を希望している企業の多くが一番に求めていることは違います。

派遣社員を探している企業の多くは「コミュニケーション」を一番重視しているからです。

逆に言えば、どれだけ資格やスキルがあっても、コミュニケーション能力がない方は派遣会社のコーディネーターの方は企業に紹介しづらいのです。

また、資格やスキルがあっても実際に仕事をしてみなければ、その人の本当の実力はわかりません。資格やスキルがあっても、いざ仕事を始めたら全く仕事ができないということはよくありますからね。

基本的なスキルは派遣会社の研修である程度は身に付きます。それよりコミュニケーションをしっかり取れる人の方が企業の中では評価が高いのです。

ですから、資格やスキルがなくても一切心配することはないのです。

派遣会社は何社登録するべきか

派遣会社は何社登録するべきか

いくつもある派遣会社の中で、どの派遣会社に登録するかは悩むところです。

なかには「どうせ無料だから、とりあえず全部登録しておこう」という方もいますが、
私は登録する派遣会社は絞ることをお薦めします。

その理由は、あまりに多くの派遣会社に登録すると、派遣会社の対応で大変になるからです。

たくさんの派遣会社に登録すると、その企業ごとのオススメの企業の情報が送られてきますし、担当のコーディネータからも連絡がちょこちょこ入ってきます。

初めのうちはたくさんメールが来ることで「すぐに働けるのでは!」と期待をするのですが、メールが多すぎると、徐々にメールを読むことが面倒になったり、どの会社に依頼をしたのかもわからなくなります。

それよりは、登録する派遣会社は2〜3社に絞って、あなたを担当する派遣会社の営業さんや、コーディネーターの方とじっくりコミュニケーションを取る方が良いです。

人を扱っている派遣会社の営業さんも、コーディネータの方も「人」です。
コミュニケーションをしっかりと取れている人には愛着が沸くのは当然のこと。

派遣会社の人とコミュニケーションをしっかり取ることで優先的に仕事先を紹介してくれたり、仕事で困ったときに親身に対応してもらえます。(実際に、私はそれで何度も得をしたことがあります)

また、仕事先と契約が切れたときにもすぐに仕事を紹介してもらえるといのも大きなメリットと言えます。

このようなことから、私は多くても2〜3社までの登録をオススメします。
(私は企業紹介数の多い「スタッフサービス」と丁寧な対応をしている「リクルートスタッフィング」に絞って、派遣先を探しています。それだけで充分なのです。)

今のような不況の時代は、派遣社員にとっても不遇の時代と言えます。

こうしたときだからこそ、大風呂敷を広げるのではなく、少ない派遣会社の方と密にコミュニケーションを取ることで、優先的に仕事を紹介してもらえる環境を整えてください。

派遣会社の営業担当に注目する

派遣会社の営業担当に注目する

「派遣会社はコーディネーターの対応に注目しましょう!」
と書いてあるホームページがたくさんあります。

しかし、注目するのはコーディネーターだけではありません。担当の営業さんにも注目する必要があるのです。

なぜなら、都市部以外にある派遣会社では(支店・事業所も含む)、営業とコーディネーターを兼ねている場合が多いのです。

営業とコーディネーターを兼ねている人の中には、登録スタッフに直接連絡を取る人もいれば、連絡だけはコーディネーターに依頼をし、人材の選定は営業さんがやっているケースもあります。

また、営業とコーディネーターを兼ねてない営業の人でも、コーディネーターに人材を指定してくる人はたくさんいます。なぜなら、営業さんはできるだけ良い人材を自分の担当する営業先に回したいと考えるからです。

ですから、営業さんは一度自分が担当した登録スタッフで良い人材がいれば、目星をつけておき、優先的に仕事先を紹介しようとするのです。

派遣会社に登録した方は、コーディネーターだけでなく、担当の営業さんとできるだけコミュニケーションを取っておくようにしましょう。

コーディネーターや営業さんとコミュニケーションが取れていれば、派遣契約が終了した後でも早く次の仕事先を紹介してもらえる可能性が高まりますよ。

派遣会社の選び方

派遣会社の選び方

「派遣会社って言っても、数が多すぎて、どれを選べば良いのか悩む・・・」
このように悩んでいる方はたくさんいると思います。

では、どのような会社を選べばよいのか?

結論を言えば、
「自分の希望条件で雇ってくれる企業を紹介してくれる派遣会社」に登録するべきです。

「そんなこと当たり前」と思っているかもしれませんが、意外にこのような会社を見つけれていない人が大半なのです。

そこで、あなたのニーズにあった会社を探すための3つのポイントを紹介します。

派遣会社を選ぶための3つのポイント

企業規模

まずは企業規模が大きい会社から選ぶようにしてください。

大手企業のメリットとして、扱っている業種・職種が多いため、より自分のやりたい仕事や働きたい環境など希望条件にあった派遣先で働くことができます。

また、紹介してもらえる派遣先も多いため、仕事に就ける確率も高くなります。これらは決して無視することができないポイントです。

それ以外でも、派遣会社がいきなり倒産して、派遣先との契約がなくなったという心配もないので、安心して働くことができるというメリットもあります。

どこに強み(得意分野)があるか?

一括りに派遣会社と言っても、それぞれの会社ごとに強み(得意分野)というものがあります。

例えば、事務職への派遣が強いと言われているのが「スタッフサービス」や「インテリジェンス」です。また「リクルートスタッフィング」はIT系や金融系の職種に強いと言われています。

スタッフサービスのように、どの分野でも求人件数が多い企業もありますが、もしスタッフサービス以外を選びたい場合には、このような強みを参考にして選ぶことをオススメします。

もちろん、「紹介予定派遣サービスを提供している」「福利厚生にチカラを入れている」などの業界に対する強みだけではないこともありますので、あなたが重要にしたいポイントから企業を絞ってください。

給与・福利厚生はどうなっている?

実は給与は福利厚生は派遣会社によって大きく違います。

ですから、同じ派遣先に雇われていても、契約している派遣会社が違うことで、給与に差があることを覚えておいてください。

特に福利厚生は確実に派遣会社の裁量で決まります。

例えば、交通費の支給の有無や、有給休暇の有無、各種保険内容は会社によって違うため、登録前には必ず確認しておくべきです。

もちろん、いくら福利厚生や給与面がしっかりしているからと言っても、派遣先を紹介してくれなければ意味がありませんが、長期間働くことを考えると、このような面のチェックも忘れないでください。

このような3つのポイントから考えると、求人数が圧倒的に多く、福利厚生面でもしっかりしている「スタッフサービス」は最低でも登録しておくことをオススメします。

「登録しても全然仕事を紹介してもらえない・・・」
「給与も安いし、休みもほとんど取れない・・・」

ということがないように、あなたの希望条件を満たしてくれる会社を選んでください。