残業代はいくらもらえるのか

残業代はいくらもらえるのか

派遣社員として働くときに一番気になるのが「給料」ですね。

お給料がどれくらいもらえるのかは死活問題に関係しますので、決して甘く考えてはいけません。

そして、給料で派遣先を決めるときに大事なポイントとなるのが残業代、ボーナス、交通費です。

ここでは派遣社員の残業代、ボーナス、交通費について詳しく説明します。

残業代について

派遣社員は原則1日8時間、1週間40時間以内の労働と決められており、それ以上の労働には全て残業代が発生すると法律で定められているのです。(契約によっては7.5時間以降から残業代が発生することもあります)

ちなみに、残業代の割り増し率としては以下の通りです。

  • 時間外労働/25%
  • 深夜労働(22時~翌朝5時)/25%
  • 時間外+深夜/50%
  • 休日出勤/35%
  • 休日深夜/60%

このように時間外や契約で結ばれていない深夜帯に勤務するときには、かなり高い費用で残業代を手に入れることができるのです。

ちなみに、残業代は始業前でも発生することがあります。

会社の上司から始業前に来て、少し働いて欲しいと言われたときにも、25%〜の残業代を請求することは可能ですので、覚えておいてください。

残業代は何分単位からなのかを確認してください

派遣会社ごとに残業代が何分単位で発生するかは違います。

会社によっては15分刻みで計算するところもあれば、5分刻みで計算してくれるところもあります。

例えば、残業代の時給が1,500円という契約をしていた場合、55分残業をしたとすると、

15分刻みの契約:1,200円(45分計算)
5分刻みの契約:1,466円(55分計算)

と、246円もの差が生じます。

これが10間発生した場合、2,460円。
つまり、1時間半近くものお給料を損することになるのです。

このようにして考えると、確実に5分刻みでカウントしてくれるところの方が得ですよね。

ですので、派遣会社と契約をするときには、このような残業代が何分単位で発生するのかも確認をしておくようにしてください。

とはいえ、サービス残業が大事なときもある

これは私個人の考えですが、あまり残業代に固執しすぎるのも良くありません。

会社としてはできるだけ人件費を抑えるために派遣社員を採用しているという事実があります。それに対して、派遣社員が残業代に対して、常に厳しく管理していると、会社としてはあまり良い印象を持たれないことが良くあります。

実際に、私はこれまでに残業代がかさみ、派遣の契約を打ち切りされた人をたくさん見てきました。それらの人の共通点としては、何かにつけて残業代に固執していたと私は感じています。

ですので、無理にとは言いませんが、たまには快くサービス残業などをして、会社と良好な関係を築いておくことも大事なのです。

「金の切れ目は縁の切れ目」ではないですが、長期的に派遣社員として働き続けたいと考えているのであれば、このようなお金に関する駆け引きを上手にやるのも大事ですよ。